雑感 つづき

阿含経典』を見ていると、維摩経などが出てくるのがよく分かる。

編集された経典に、生きて働いているお釈迦さまの代わりは無理だったということだ。

後の『碧巌録』の「酒粕食らいの奴」という言葉も、思い出されてくる。

 

話は突然変わるのだが;

今日はすごく元気になった。お腹の痛いのは跡形もなく消えてしまい、もう、痛い思いをしたことは、何処にも残っていない。身体の疲れ・脱力感も、今はない。

 

すべてケロッと忘れてしまう。だから、医者などに行って、どういう感じでしたか、とか 何処が痛かったのですか、などと聞かれても、今その感じが全く消えてしまっていると、なんとも曖昧にしか答えられない。

 

頭で執着しない限り、無我なんだなあ、と思うところである。ま。単に忘れっぽいのだともいえる。

 

今日は彼岸の中日。「墓参り」を予定している。墓参りというと、ペルーのミミさんを思い出す。ミミさんは「此処では元日に墓参りする」と言っていたな。