本のリサイクル市

今日は散歩の途中買い物をするつもりはないし、気温の具合も歩きやすそうなので、図書館に立ち寄ることにした・・・そこで、リサイクル市にぶつかることは予想していなかった。

 

沢山本が並べてあるのに、見ている人は一人だけなので、私もゆっくり見させてもらうことにした。名前を記入し、検温し・・・

 

図書館の蔵書の中から、長い間読み手の現れないような本が並んでいた。『除籍』印が押してある。

誰にも貰ってもらえないと、どうなるのだろうか

 

豪華版 日本現代文学全集 2 幸田露伴集  (講談社

昭和50年

ページを繰ってみたらパリパリ音がする。誰も開いたことがないのである。

確かに、小さな文字で見にくいが・・・

貰って帰った。

他の本と合わせて10冊ほど。もっと貰ってくださいな、と言われたが、置いておく場所がない。

 

幸田露伴著作権が切れてから久しいので、「青空文庫」で読める作品も多いのだが。ちょっと寂しい。

 

預かっておいてもらって、車を取りに帰った。車の中で思ったことである:ボクの世代とともに、紙の本は廃れてしまうのかもしれないね。

 

『華氏496度』だったかな。いまはむかし。紙の燃える温度で、”焚書”を表現した映画があったが、何を図らんかな。自然に読み手がいなくなってしまう時代が来るとは。