30㎝ぐらいか

気温は低かった、昨夜から今日の午前中まで、水道は水を出しっぱなしにしていた。雷もなった、が、このぐらいで済んだ(やれやれ)というところか

 

今朝風呂で出合った若い人は、雪の心配をしていた

どうも2駆 後輪駆動の車に乗っているらしい。

今日は動かすのは止めた方が良い、と言っておいたが・・・彼の出身地は茨城県

あまり雪のことは知らないようなのだ

昨夜は雪の中を帰ってきたらしいが、後輪がスリップして左右に揺れたようなことを言っていた。危ないなあ

 

私は、少なくとも今日と明日は車を動かさない。

仕事で乗らなければならない人は大変だ。ただ午後になり気温が少し上がったので

幹線道路を走っている分には心配はないだろうが・・・

 

『この国のはじまりについて』の中の「鎌倉武士と一所懸命」を読んだ。

永井路子さんとの対談。これを読んでいて、お寺の在り方を考えさせられた。

ボクはお寺と縁のないところから、坐禅がしたいということだけでお坊さんになったので、寺の事は何も知らなかった。たまたま小さなお寺だったので、かなり強引に動いたが・・・住職というのは本当は「お飾り」なのかもしれないなあ・・・

責任役員があれほどへそを曲げたのも・・・

・・・すべては終わったことだが。

・・・後を継いでいるのも、やはり坐禅がしたくてお坊さんになった人だが・・・

 

日本について考えさせられる。・・・強引な西洋の侵略者に負けなかった(奴隷にされなかった)のは、日本だけだった。

それは、鎌倉武士の頃から続いている日本人の生き方が、大きいかもしれない。

・・・お寺の在り方もそういう伝統の延長上にある。狭い場所でのことだが、何も知らないよそ者が、強引に揺さぶりをかけた・・・ということなのかもしれないなあ

 

司馬遼太郎を読んでなくて良かったのか。読んでいたらもっと良かったのか。

 

・・・・・・