またまた 大黒さん

どうしても分からないところがあり、知人に、昔造った大黒さんを見せてほしいと言ったら、探し出して持ってきてくれた。

もう手元には仏壇に飾っている一体と、間違って色を付けてしまった一体しか残っていないのだが、と言って。

 

見せてもらいながら、いろいろ説明を聞いているうちに分かってきたことがある、と同時に、私は間違った推定をして作業を進め、大事なところで数か所削りすぎてしまっていたことを知った。

お釈迦さまはお袈裟を着ている。毘沙門天などは鎧を着けている。要は、皆ユニフォームを着けている。大黒さまも同じである。そのユニフォームがどういう形なのか、私には分からなかった、分からないまま作業を進めた、この失敗は致命的なような気がする、ということである。

また、口伝のようなものが有る。たとえば、顔は少し小さめにする、とか鼻は、小鼻をすこし横に広げる、とか。こういうことも知らなかった・・・

これも私は間違っていた。顔は大きい方が童顔に見えるだろうと、すこし大きめにしたし、鼻も大人しい形がいいだろうと・・・。

 

ま。実際に写真で。

f:id:mumumyoyaku:20211012064041j:plain

この色はお孫さんのいたずらか

f:id:mumumyoyaku:20211012064206j:plain

お腹の辺り、また衣を引き摺っていないなど、失敗です。


まだ修正できるところは修正して・・・とにかく完成させるつもりです。袴とか。

そうそう。ボクのは紅松ですが、知人に見せてもらったのはクスノキのようです。

 

・・・・・

 

まだ半そでですが・・・どうやら、涼しくなってきました。もう寒露ですからね、当然でしょうか。