三国志  4

講談社文庫の、三国志(一)吉川英治歴史時代文庫33を手に入れた。

有名なこの本が、どういうものなのか、さわりだけでも読んでみようと。

 

なるほどなあ。小説家というのは!!!

最初の100ページ程読んだが、驚いてしまった。目が覚めるような書き出しである。

 

・・・宮城谷昌光さんの『三国志』も、さわりだけでも、読んでみようか。こちらも、小説家の作品だから。

 

ボクはいままで、吉川幸次郎さんとか宮崎市定さん(学者)の三国時代に関する本は読んできたのだが、小説は、岩波文庫だけである。この際だから(これが最後だろうから)、面白そうなものを、幾つか同時進行で読んでみようと考えている。

 

・・・・・・・

 

漱石とその時代』新潮選書 江藤淳(全2冊)

これは、1971年8月に読んでいる。だからこれも50年ぶりの再読である。

これも再読だから、慌てないで、ゆっくりと。