2月1日

『両大戦間の世界』読み終わりました。

随分時間が掛かってしまいました。

 

自分の過去を振り返り、「別の道はあったか」と問うとき、

「なかった」と思う。どれほど、恥ずかしい、悔しい過去でも

当時の自分には、何一つ修正することは出来なかったと思う。

ただ、失敗は後の行動の参考にはなっている。

・・・それでも。ボクの場合には、似たような失敗を繰り返しているなあ

と感じるところもある。性格・気質・弱さと言っていいかもしれない。

 

今のウクライナ・ロシアの戦争状態を見ていて、

人間の業のようなものを感じる。窮鼠猫を噛むこともあるのだから、追い詰めてはいけないと思うのだが・・・徹底的に叩き潰して、二度と立ち上がれないようにしたい、

と思うのだろうか、と。

 

Natoソ連邦の脅威への防衛のためだったら、ソ連邦が崩壊した時に、消滅は無理でも縮小しても良いように思う(すこし緩んだときもあった)のだが・・・ソ連の衛星国だった国も大半を取り込んで拡大した。

それは、何分の一にも縮小した国力のロシアにしてみれば、オソロシイことであろう。天然ガスを利用して、生命線を扼す戦略も分からないではない。

 

現状を変更しない。これはなかなか難しいことのようである。

 

『赤の女王』説というのがある。随分前に読んだのでほとんど忘れてしまったが、

「今のところに止まりたかったら、全力で走れ」というのであった。

現状維持というのは、双方の力技、がっぷり四つに組んで、動きの止まった状態で

ちょっとでも均衡が崩れれば、どちらかに動くということかもしれない。

 

今。3月ごろに戦車が数百台投入されるという。そのとき、バランスを回復するために対抗する手段は何なのだろうか。

 

ボクは大昔、戦車(61式)に乗っていたことがある。乗ってみて、適性がないことを痛感して辞めたのだが・・・

力の均衡のなかの、消耗する部分となる(なった・なっている)人々の事を思う。

 

 

 

 

冬の夜なが

どこからどう書き始めればいいのか、迷うのだが

どうせ身辺雑記なのだから、思いつくままに。

 

もう20年ぐらい前になるか、檀家がお寺に立ち寄った時など、夜が長くてねえ、という話を聞くことが多かった。

2時ごろには目が覚めてしまって、それからはラジオを聴いていることが多く

4時ごろの宗教の話もよく聞いた、と。

まあ。その頃は、宗教の話のほうが、雑談の本筋(?)だと勝手に思っていたのだが

近頃は、その前の。夜が長いというほうが、本筋だったかな、と思う。

 

ボクは長い間、4時か4時半には起きる生活だったので、そのまま起きてしまったらいいのでは?!と口には出さないが、思っていた。

しかし、心臓を悪くして、どうやら寒さが体に良くないようだと思うようになってから

見方が少し変わってきた。

 

今朝はたまたま4時前に起きだしているが、ふつうは5時近くまで寝ている。そうすると、だいたい2時前には目が覚めるので、まるまる3時間ぐらい、寝床の中でじっとしていることになる。それほど寒くないときには、本を読むのだが、最近のように寒いと、外に出している手が冷えるので、読書もせずに、ただじっとしている。

昔はそういう時には、呼吸に意識を集中していたのだが、近頃は何もしないで、まあ、じっとしている。すると、いろんなことが意識に浮かんで、走馬灯のごとく、通り過ぎてゆく。

思わず、恥ずかしいなあ、とか 悔しいなあ とか、声が漏れることもある。

まあ。すでに遠く(?)過ぎ去ったことなので、どうにもならないことなので、思いを手放すために、やり直すことはできないのだ と声に出したりするのだが・・・。

 

こういうことが続くのを嫌って、ラジオを聴くのかもしれないなあ

思い出すのは悔いの残るようなことが多いから・・・

 

・・・・・・・・

 

もう少し、寝る時刻を遅くすればいいのではないか、と思わないでもないのだが

そうすると、ストーブを長い間点けておくことになり、光熱費が勿体ない。それで、まあ、仕事が終われば早く床についてしまったのだろう。

ボクの場合は、光熱費のこともあるが、それ以上に、眠くなってしまうのである。

年を取ると、自然のリズムに近づくということなのかもしれない。

 

この眠くなり始めた時、強いて起きていると、10時ぐらいまでは目覚めていることができる。

しかし、無理しても命を縮めるだけではないか、と、思うようになっている。

人はいろいろだろうが、ボクの場合は、心臓から受けたダメージ(メッセージ)は、無理はだめだよ、ということである。

 

・・・・・・・

 

書きたかったことはまだまだ沢山ある。しかし、今回はこのぐらいにしようか。

 

鳥取では、今回40センチ近い雪が積もった。お寺にいれば、雪かきをしないわけにはゆかない。無理をしないといっても、ね。

近所にはもっとお年寄りや、もっと頻繁に救急車で出ることになるようなお婆さんも居たのである。どうしていることか

(晴れてから、共同で雪かきをしているのだろうなあ)

 

若い時は、無理するのが大好きというか、生きがいのように思っていたのだが・・・

 

・・・諸行無常というのか、栄枯盛衰は世のならいというのか・・・

言っても仕方のない事ではあるが

昨日できたことが今日はできないというのは、受け入れるのに痛みを伴う、ような。

 

(頭を切り替えて)今できることは何だろうか。

まあ、読書と散歩ぐらいかな・・・

・・・gyaoが3月いっぱいで終了するという。無料で映画やドラマが見れた(CMはうんざりするぐらい多いのだが、タダだからガマン我慢)のだが、残念。

それで、もう見られないかもしれないので、『主任警部モース』を見返すことにした。決して好きというわけではないが、イギリスの嫌味な雰囲気がよく出ているようなので。

モースはかなり年配だが、独身である。女好きなのだが、女運に恵まれない・・・

第一話でも、失恋する・・・一緒に居たいと思うような女だった、と。

確かに、女に惚れるというのは、一緒に居たいと思う、と言い換えてもいいかもしれない。と。この言葉には納得した。・・・逆もそうなのだろうかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日のつづきのような・・・

昨日は、寒い日の後ということもあり、陽も差し温かかったので、眠くて眠くて

後が続けられなくなってしまいました。

歳をとってからは、そういうことが多い。さらに、心臓を病んでからは

寒さが応えるので、部屋を暖かくするようにしている。

それで、頭がハッキリしないことが多いのである。

 

大体真夜中2時ごろには目を覚ます。そのあとは、眠れないことがほとんどで、ぼんやりしていることが多いが、一昨日などは、足先が冷えてしまい目が冴えて、良寛さんのことなど思ったり(この朝は室温5℃)・・・今朝は、『殺人者』のことを考えるともなく考えた(室温8℃)。

そして、やはり少しだけでも、つづきを書こう、と。

 

昨日の午後考えていたことが何であったか、もうハッキリとは思い出せないが、それとは少し違うと思う。

 

主人公が刑事の場合、何が何でも、犯人を捕まえなくてはならないので、殺す前に、お縄になることが多い。読者が犯人に同情していた場合(例えばボク)、残念!と思う。

しかし、木部さんは、フリーライターなので、犯行は完遂されてしまう。

まあ。作者の望月さんが、犯人に同情しているとは思わないが、木部さんは当事者ではないのだ。

 

犯行を完遂して、捕まらなかったら、犯人はその後どうするのだろうか。

ちょっと気になるところである。

『殺人者』の場合、その私室は整頓されていて、生活の匂いがしない。ということは、

心の大切なところに空虚を抱えて、生きてゆくということだろう。子どもたちを教えることで、それが埋められることがあるのだろうか。

神のいない世界で、自殺するとは思えないので、生きては行くのだろうが・・・

 

『神の手』もそうだったが、神様に無縁の世界で、生きているような・・・

(広い世界に解放される機縁がないので)他者と交わることが難しい。

今回も、強制的に切断されて、もう結ぶということはあり得ないような・・・

神さまに無縁だったら、もう少し、緩くて自由でもいいように思うのだが、そうすると、そういう人はあまり犯罪を犯すこととも無縁になってしまうか

 

・・・・・・

 

 

『殺人者』

望月諒子作 新潮文庫

 

この作品は最初集英社から出て(2004)、のちに新潮文庫に入った(2022)。その時、大幅に加筆修正されたらしい。

 

ボクはこれで望月さんの作品を4つ読んだことになる。

ほとんどが、木部さんの見立てと警察に逮捕された犯人が一致しない。

今回もそうである。

今回は特に、木部さんの見立ては、誰の同意も得られなかったようで、一部の読者からも疑問視されている。

そういうところが面白いところかな。

 

クリスティーにしてもクイーンにしても、探偵は、警察も読者も納得させる。しかし、フリーライターの木部さんの推理は、完全には納得させられない・・・。

 

これは、望月さんの力量不足なのだろうか。それとも、わざわざそういう作品を書いているのだろうか。

私は、後者であろうと思っている。

 

・・・ここまで書いて、眠くなってきた。天気が良く、部屋の中が温かくなってきている。先ほど昼ご飯を頂いたばかりであるし・・・

ここまでにしておきます。

 

 

 

『神のいない世界の歩き方』

この本は二部構成になっていて、

第一部 さらば、神よ  Goodbye  God

第二部 進化とその先  Evolution  and  beyond

 

今、第一部を終えてこれから第二部に入るところです。

 

第一部の最後は、6章 何が良いことか どうやって決める?

ここに、アビーとコニーによる会話 という節があり、

そこで、絶対主義者のアビーと、帰結主義者のコニーとの対話がある。

これは、日本人には、というか、我々年寄りには、まあ、刺激的な議論である。

 

対話の前提になっていることが、ソクラテスの対話篇のように

ちょっと待って! と言いたいような・・・

 

いろいろ考えられるが、絶対主義者と帰結主義者という立場に立って、議論を展開しようとすると、一つのモデルはこんな感じになるのだろう・・・

 

・・・・・・

 

今日は寒い。気温が低いというより、日本海側の天候のような、一日中気温の上がらない、どんよりした空気である。

 

 

 

 

 

感想など

腐葉土』読み終わりました。

読み終わってみれば、なるほどなあ、と思う。脱帽である。

 

この世が、将棋やゲームの世界なら、さもありなん。

欲張りかもしれないが、神の死んでしまった世界では

もう少し、開かれた世界感が欲しいような。

これではかえって、人が人を縛る閉塞的空間ではないか

 

・・・・・・

 

ということで、次は、なんとなしに

『神のいない世界の歩き方』(ハヤカワ文庫)を手に取っている。

これは、リチャード・ドーキンスが、多分高校生ぐらいを対象に書いたものである

というのも、最初に

”自分で判断できる年齢になったすべての若者たちに”

とあるから

 

去年の夏ごろ新本を購入した。しかし、数ページで閉じてしまった。

どうも、ボクはグールドファンだったせいか、ドーキンスの文章は苦手である。

 

しかし、今回は、「神の死に絶えた世界」

という言葉が浮かんできたので、この本を思い出した。

 

今回は、読み続けることが出来るかどうか

 

 

・・・・・・・

 

 

 

 

 

『腐葉土』  雑感など

望月諒子 作   集英社文庫

 

昨日読み始めて、まもなく一日。やっと半分ほどである。

文のつながりなどで読みにくいところがあり、自然に注意深く読むことになるのだが

一か所、校正ミスを見つけた。近頃の本では珍しい。

 

ボクはこの作者の作品はこれが三作目だが;

幾つかの事件が絡み合い、もう一度読み返さないと分からないところが出てきて、途中で前の方を捲ったり・・・。話がちょっと入り組んでいる。

内容に触れるのはいけないだろうからこれ以上は書かないが、

木部さん(このシリーズの探偵役のフリーライター)はますますおばさんらしくなってきて・・・松井保は、よく描かれているとおもう。ボクは彼によく似ている知り合いを思いだした。

・・・人物もよく描かれているように感じる。

面白く読んでいます。

 

『醒睡笑』 平凡社東洋文庫

 

『日本語のしゃれ』を読み終わったら読むつもりで購入した。

訳者の補足説明が、おそろしく細かい文字で・・・若い時にはこれでよかったと思うが

この年になると・・・どうしようかと考えている。

鳥取にいた時分に、ルーペをいくつか手に入れていたのだが、引っ越しのどさくさの中でどこに行ったか、探さねばならないような・・・。一個見つけた。やれやれ。

 

本も、ボクたちと歩調を合わせて歳をとってきているようだ。(『醒睡笑』は昭和39年発行)・・・紙の本はボクたちが消えれば図書館にしかなくなるのかも知れない。