2021-05-10から1日間の記事一覧

藤沢周平『一茶』

読みました。 露光は、著者の創造した人物のようです。しかし、いかにも、という感じです。 一茶には空白の10年があるようです。その間、彼が何をしていたのか、調べても分からない。そこで、露光という、いかにも在りそうな人物が登場した。 「おらが春」…